So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

初春の常陸路紀行 [景色]

今回は初春の大洗~袋田の滝~大子町へ撮影旅行です。

早朝に大洗海岸の日の出を待ちました。
 
大御降臨の地を神磯と称云う。海上の岩の上に鳥居が立っています。

徳川光圀公が当神社を参拝の折に、此の景観を称え、

 あらいその岩にくだけて散る月を
     一つになしてかへる月かな

と詠まれています。

IMG_9223.jpg

IMG_9229.jpg

天気予報では晴れでしたが、調度雲が掛かって出てくれず、出た時はかなり陽は上っていました。

IMG_9248.jpg

IMG_9254.jpg

IMG_9269.jpg

IMG_9285.jpg

IMG_9320.jpg

残念ですが、諦めて磯前神社に参拝

洗磯前神社は岬の丘の上に鎮座し、社殿は海に面している。海岸の岩礁に最初に神が影向(神霊が出現すること)したと言われるところがあり、鳥居(神磯の鳥居)がたてられている

主祭神:大己貴命
配祀神:少彦名命

IMG_9399.jpg

IMG_9401.jpg

IMG_9405.jpg

IMG_9406.jpg

IMG_9411.jpg

IMG_9414.jpg

昼間は晴れ穏やかな海でした。


大洗市内を散策

昔ながらの魚屋 地金さん

IMG_9416.jpg

TVにも出た魚やさん にいちゃんがVサイン

IMG_9417.jpg

チョット変わった酒屋さんで舟が飛び出した

IMG_9418.jpg

変わった名前の老舗のお菓子やさん 「八百松」

IMG_9422.jpg

古びた看板の店

IMG_9425.jpg


月の井 酒造店  茨城県の銘酒

IMG_9436.jpg

IMG_9431.jpg

IMG_9432.jpg

IMG_9437.jpg

展示室に磯前神社の十二支の絵馬が展示されてます。

IMG_9433.jpg

寅の絵馬の大型のものは礒前神社に飾ってあります。


となりの旭村の畑で春を感じされる、大根畑です。

IMG_9327.jpg

IMG_9329.jpg


菜の花畑も春を待ちわびてます。

IMG_9390.jpg

IMG_9391.jpg

IMG_9394.jpg


早咲き水仙も咲いてます。

IMG_9350.jpg


今日はこれで撮影は終了し温泉へと行きました。

明日は大子町・「袋田の滝」へ移動します。
















山陽道を行く Vol.9 [町並み]

福山市「鞆の浦」で最後の旅です。
広島県福山市南部に残る土塀と格子戸古い町並みの港
さらに幕末には「いろは丸事件」発生に伴い、一時的に坂本龍馬達が立ち寄ったところです。


仙酔島を望む

 鞆の浦から渡船で5分のところに浮ぶ小島で「その美しさに仙人も酔った」と言うのが名前」の由来です。
IMG_8503.jpg


江戸時代の古い町並みを散策

対仙酔楼

IMG_8450.jpg

IMG_8448.jpg

魚屋さんが謹賀新年

IMG_8437.jpg

坂本龍馬宿泊後跡

IMG_8455.jpg

潮待ち、風待ちの港として商家が建ち並びます。中でも保命酒のお店(醸造所)が多数見られます。

保命酒とは良質のもち米を主材料甘草等16種類もの薬味エキスを配合、体にいいとされた薬用酒。
幕末にペリーやハリスが来航した際に下田での饗宴で食前酒として振舞われたそうです。


IMG_8459.jpg

IMG_8461.jpg

IMG_8466.jpg

IMG_8471.jpg

IMG_8467.jpg

IMG_8472.jpg


大田家住宅
 江戸初期に薬種・保命酒の醸造を始め。特産品として全国に名を知られ財を成した。
重要文化財に指定された、立派な建物です。


IMG_8485.jpg

IMG_8481.jpg

IMG_8488.jpg


沼隈半島の先端にあり、潮待ち、風待ちの港として栄えた古い港町です。

路地裏にも石畳の古い町並みが続きます。

IMG_8490.jpg

IMG_8494.jpg


猫も歓迎してくれてます。

IMG_8495.jpg

IMG_8496.jpg

見晴らしの良い高台にある「鞆の浦歴史民族資料館」より望む

IMG_8504.jpg

IMG_8520.jpg

IMG_8523.jpg


商家や昔懐かしいお店の町並みです。
鞆港の周辺には格子戸や白壁 に腰板、船板を使った土蔵なだが多い。
「世界遺産」の登録の動きもあるそうです。

IMG_8533.jpg

IMG_8538.jpg

IMG_8544.jpg

IMG_8550.jpg

IMG_8551.jpg

IMG_8549.jpg

IMG_8555.jpg

IMG_8620.jpg

IMG_8647.jpg

IMG_8649.jpg

IMG_8642.jpg



「坂本龍馬のいろは丸展示館と鞆のシンボル常夜灯」

※いろは丸事件
 明治維新の前年、坂本龍馬と海援隊を乗せた「いろは丸」が鞆の浦沖で紀州藩の明光丸と衝突沈没。
龍馬は世論と「万国公法」を味方にして、裁判に勝ち、紀州藩から八万三千両の賠償金を勝ちとった。


いろは丸に積まれていた遺品が展示館に公開されている。


IMG_8602.jpg

IMG_8598.jpg

IMG_8625.jpg

IMG_8603.jpg


IMG_8594.jpg


IMG_8629.jpg

IMG_8633.jpg

前日にNHK「龍馬伝」が放映されたお陰で多くの観光客が訪れてました。


 後日、坂本龍馬率いる海援隊が乗った蒸気船「いろは丸」をモデルにした、広島県福山市営渡船「平成いろは丸」(19トン、定員99人)が9日、同市の景勝地・鞆の浦で就航し、沖合の仙酔島までの初航海をしました。
総工費は八千万円掛かったそうです。



これで「山陽道を行く」は終わりました。(Vol.1~9)
倉敷~高梁~尾道~福山鞆の浦と江戸時代からの古い、武家屋敷・商家・民家を巡り、風情ある町並み
が残ってました。

今回の走行距離は1707Kmでした。長い間ありがとうございました。[わーい(嬉しい顔)]
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山陽道を行く Vol.8 [町巡り]

尾道 その2
 
チョット路地裏を散策

IMG_8278.jpg

IMG_8284.jpg

正月の商店街

IMG_8325.jpg

尾道ラーメンのお店でラーメンを食べました。(正月でラーメンのみ)
 味はさっぱりしてかつお出汁あじで美味しかったです[わーい(嬉しい顔)]

IMG_8295.jpg

IMG_8290.jpg
 子連れ狼に出てくる乳母車?

銭湯を改造したお店屋さん

IMG_8303.jpg

IMG_8310.jpg

IMG_8311.jpg

IMG_8308.jpg

IMG_8309.jpg

昭和の「銭湯」の雰囲気を残し食料品店になっていました。

IMG_8322.jpg

IMG_8317.jpg

路地裏の先すぐ海が見えます。

IMG_8315.jpg

反対側は険しい坂道です。

IMG_8323.jpg


IMG_8320.jpg

また山の方へ行き、狭い坂道の連続でした。

IMG_8352.jpg


IMG_8353.jpg


IMG_8365.jpg

 
人が通れるくらいの狭い路に家が建っています。最近は高齢化で若い人が建直して住もうと考えるが、
材料を運ぶことが困難なで、建築費等が掛り過ぎるため、他へ移り住んでしまうそうです。


猫です、やはりこの町には「猫」が合います。

IMG_8358.jpg

IMG_8357.jpg

途中坂道よりの眺め

<IMG_8384.jpg


IMG_8375.jpg

海岸に降り尾道大橋を望む


IMG_8379.jpg


IMG_8393.jpg


穏やかな尾道水道

IMG_8403.jpg

IMG_8408.jpg

IMG_8401.jpg


のんびりとした尾道渡船

IMG_8411.jpg

IMG_8416.jpg

まるで映画のロケ風景みたいでした。



明日は福山鞆の浦へ寄って帰ります。

山陽道を行く Vol.7 [町並み]

 広島県 「尾道」に来ました。
気候温暖、風光明媚な地に多くの文人が訪れ、たくさんの足跡を残した坂の町です。
山頂には町のシンボルの千光寺がそびえる。山頂から尾道水道に面して「町が開けていて坂道や石段が多いのも特徴です。また道沿えには25もの寺が並ぶ寺の町である。
映画」ロケ地でも有名です。

まずは尾道駅
IMG_8095.jpg

レトロバス
IMG_8108.jpg

山頂駅までロープウエイで上がります。
IMG_8133.jpg

千光寺公園より尾道水道と瀬戸内海の島々や遠く四国まで見渡せます。
IMG_8137.jpg

IMG_8141.jpg

IMG_8145.jpg

文学の小道を通り千光寺へ続く散策路

林芙美子の「放浪記」碑
IMG_8160.jpg

IMG_8164.jpg

千光寺
真言宗の名刹。崖に突き出して建つ朱塗りの本堂の本堂は赤堂と呼ばれ、除夜の鐘で名高い驚音楼とともに尾道のシンボルです。

IMG_8189.jpg

IMG_8175.jpg

IMG_8186.jpg

IMG_8179.jpg

千光寺境内より尾道水道・尾道大橋が望めます。
IMG_8178.jpg

IMG_8183.jpg

坂道を下り「天寧寺の三重の塔」

IMG_8199.jpg

IMG_8198.jpg

IMG_8202.jpg

途中「尾道アート館」に寄りました。そこは猫の館でした。
IMG_8207.jpg

IMG_8206.jpg

これからは石に書いた「石猫」のオンパレードです。

IMG_8211.jpg

IMG_8214.jpg

IMG_8217.jpg

IMG_8221.jpg

IMG_8234.jpg

IMG_8215 300.jpg

IMG_8219 300.jpg

風情のある坂を下り天寧寺へ向かう

天寧寺坂
IMG_8241.jpg

IMG_8245.jpg

猫の町です。
IMG_8250.jpg

IMG_8256.jpg

天寧寺に着きました。
曹洞宗の寺、本堂左手の羅漢堂に、五百羅漢が並ぶ。

IMG_8271.jpg

IMG_8260.jpg

IMG_8263.jpg

IMG_8264.jpg

IMG_8266.jpg

つづく


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山陽道を行く Vol.6 [町並み]

備中神楽発祥の地「成羽町」(岡山県高梁市成羽町)
高梁市内から車で20分くらいで成羽町に着きました。
 
神々が留守になる十月、荒神の魂を鎮めるために始まった荒神神楽を起源とする「備中神楽」。
その発祥の地が成羽町です。

 本町商店街では備中神楽の陶芸を展示してありました。神楽オブジェは、商店街・町内の方々がすべて手作り一体一体を陶器で制作されたものです。

NHKの「鶴瓶の家族での乾杯」で放映され鶴瓶さんが訪れたところです。。

風情ある成羽の町並み

IMG_8055.jpg

正月でお休みの本町商店街
IMG_8013.jpg

商店街の通り展示されています。

さるたひこのみこと
1.jpg

おもいがねのみこと
2.jpg

たちからおみこと
3.jpg

おおくにぬしのみこと
4.jpg

いなせはぎのみこと
5.jpg

ことしろぬしのみこと
6.jpg

たけみなかたのみこと
7.jpg

すさのうのみこと
8.jpg

あしなづちのみこと
てなづちのみこと
9 10.jpg

くしいなだひめのみこと
11.jpg

まつのおみょうじん
12.jpg

むろおみょうじん
13.jpg

やまたのおろち
14.jpg

うんら(うら)
きびつひこのみこと
15 16.jpg

以上16体が展示されております。

写真を撮っていましたら、「柳井商店」さんよりパンフレットを戴きました。

一体一体が表情豊かでとても面白かったです。
備中神楽はお祭りやお正月などおめでたい時に奉納されます。

それではその中で表情豊かなものをアップでもう一度

IMG_8017.jpg

IMG_8028.jpg

IMG_8036.jpg

IMG_8038.jpg

IMG_8061.jpg

IMG_8053.jpg

IMG_8066.jpg

IMG_8079.jpg

IMG_8067.jpg

最後は成羽小学校 
 昔懐かしい校庭と校舎です。

IMG_8088.jpg













山陽道を行く Vol.5 [城]

備中松山城
 備中高梁市内から車で10分位で8合目辺りの駐車場に着き、急坂を20分位歩くと標高430mの臥牛山頂上付近に現存する日本一高い「備中松山城」に着きました。
登城坂の周囲は、高さ10m以上の巨大で切り立った岩壁がそびえ、”難攻不落の名城”の面影をうかがい知ることができます。(解説書による)

白い漆喰塗りの壁と黒い腰板のコントラスト、空の青に映える美しい天守です。
 登山口から登れば急坂を1時間くらい掛かります。昔の人はどのようにして石垣とか木材を運んだのでしょうか、多くの人達のお陰だと思います。

IMG_7970.jpg

IMG_7969.jpg

IMG_7973.jpg

城壁の矢狭間(弓を射る穴)・鉄砲狭間(鉄砲をうつ穴)が時代を思い起こさせます。

IMG_8009.jpg

IMG_7976.jpg

高さ10m以上の巨大で切り立った岩壁がそびえ立ちます。

IMG_8008.jpg

IMG_7979.jpg

IMG_7982.jpg

IMG_8004.jpg

二層二階建ての天守「は、内部に岩石落としの仕掛けなど手の込んだ造りだそうです。

IMG_7993.jpg

登山口から登ると二時間位掛かりチョットしたハイキングコースです。
これでは本当に、”難攻不落の城”でしょう。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山陽道を行く Vol.4 [町並み]

倉敷より高速で1時間くらいで備中高梁に着きました。

昨年NHKの笑福亭 「鶴瓶の家族に乾杯」を見て面白そうな処だなと思い訪れました。
高梁川をさかのぼった中流に位置する山間の町。
板倉氏五万石の城下町であった。
この町には、市内北方の臥牛山山頂に日本一高い山城といわれる備中松山城があります。
山麓には武家屋敷や商家、古い町並みが、残り、城下町ならではの情緒があります。
また「楽発祥の地「成羽」があります。

備中高梁駅
IMG_7810.jpg

IMG_7813.jpg


出雲大社備中分院で御参り
 しめ縄がやはり独特です。

IMG_7824.jpg

IMG_7825.jpg

IMG_7826.jpg

商家・民家の古い町並み

IMG_7837.jpg


IMG_7831.jpg


IMG_7843.jpg

焼き板塀黒く輝いています
IMG_7846.jpg

土壁が情緒があります
IMG_7855.jpg

民家の新聞受け
IMG_7840.jpg

「学らんの発祥の地」 小錦の学生服か?それにしても大きい
IMG_7841.jpg


武家屋敷周辺を歩きましたが、ひっそりと江戸時代にタイムスリップしたみたいです。

IMG_7890.jpg 


IMG_7891.jpg

IMG_7892.jpg

IMG_7893.jpg


高梁川に流れ込む谷川は紺屋川とも呼ばれ古い町屋などが軒を連ねる川沿いの町並みは、日本の道百選
に選ばれている。
川に沿って桜と柳の並木があり、この景色は春が良いでしょう。
この谷川は備中松山城の外堀だったもので、橋のたもとには石灯廊や恵比寿宮がある。

IMG_7895.jpg

IMG_7901.jpg

IMG_7934.jpg

IMG_7925.jpg

IMG_7930.jpg


IMG_7926.jpg



通りには古い商家など町並みに風情があります。

IMG_7907.jpg

IMG_7911.jpg

IMG_7912.jpg

IMG_7914.jpg

IMG_7915.jpg

IMG_7918.jpg

IMG_7921.jpg

IMG_7922.jpg

昔ながらの景観を残して住むのは大変だと思いますが、残して欲しい町並みです。

これから山頂に現存する日本一高い山城「備中松山城」へ行きます

つづく





nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山陽道を行く Vol.3 [町並み]


倉敷市内 船倉町 本町通り~東町 周辺

 倉敷格子の古い町屋・民家が並ぶ風情のある通り

IMG_7665.jpg

IMG_7725.jpg


IMG_7728.jpg

IMG_7730.jpg

なまこ壁の蕎麦や
IMG_7733.jpg

白壁のレストランもおしゃれ
IMG_7737.jpg

IMG_7738.jpg


くらしきの老舗宿
IMG_7748.jpg

なまこ壁と焼き板塀の民家

IMG_7749.jpg

IMG_7750.jpg


IMG_7752.jpg


なんじゃこりゃ?  アンティーク モール 倉敷山陽堂

「なるほど珍百景」でも載せたくなるような光景です。
 ビクターの「his master's tha voice」のイヌが屋根の数知れずありました。
良く集めたものです。

IMG_7764.jpg

IMG_7782.jpg

IMG_7779.jpg

IMG_7756.jpg

IMG_7760.jpg

IMG_7778.jpg



正月三日間はお店等が休みで人出も少なかったため、あまり生活感がなかったのが残念でした。


次は城下町の高梁市
   武家屋敷や商家、古い家並みが残り、城下町ならではの情緒があります。





























nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山陽道を行く Vol.2 [町並み]

倉敷 Vol.2

倉敷アイビースクエア
 明治時代の倉敷紡績発祥工場を改装し、蔦がからまる赤レンガの壁に取り囲まれた
 「ひろば」にホテル・レストランやミュージアムがあります


IMG_7562.jpg

IMG_7542.jpg

IMG_7538.jpg

IMG_7552.jpg

IMG_7554.jpg

IMG_7551.jpg

IMG_7570.jpg


IMG_7572.jpg

蔦に絡まる赤レンガが落ち着いた雰囲気を出してくれてます。
このレンガと蔦の質感が出ればと思い撮りました。


大原美術館
 日本初の西洋美術館
  エル・グレコ ゴーギャン モネ ミレー セザンヌ ドガ マネ ピカソ等 その他 梅原隆三郎等日本画家の  作品が展示されその数に驚きました。
IMG_7623.jpg

IMG_7608.jpg

IMG_7622.jpg


小原美術館周辺
 白壁の町並み

IMG_7629.jpg


中国銀行 倉敷支店

IMG_7631.jpg


 阿智神社に初詣

倉敷美観地区の一角にある鶴形山の頂上に鎮座する神社。
 阿知使主一族の大いなる功績を称え、明治時代に現社名になったが、神功皇后がこの付近を航行の折、嵐に遭い祈願されたところ、三振の剣が天空より明るく輝いてこの山に天下ったため、「明剣宮」として、宗像三女神をお祀りしたとされている。

IMG_7651.jpg

IMG_7674.jpg

IMG_7676.jpg


三女の舞
祭神の宗像三女神は皇祖神、天照大御神と素盞鳴尊の娘神で、海の守護神であり、交通交易、財宝、芸術、美の神でもある。その他、応神天皇を始め、約三十柱の神々をお祀りしている。

IMG_7717.jpg

IMG_7690.jpg


IMG_7678.jpg

IMG_7683.jpg


獅子舞が終わると子どもたちは難を逃れるため?(頭が良くなるように?)
獅子に頭を噛んでもらいます。

IMG_7702.jpg

IMG_7705.jpg

IMG_7707.jpg

神社内様子

IMG_7694.jpg

IMG_7697.jpg

IMG_7701.jpg

参道より倉敷の甍の波がすばらしい眺めです
IMG_7721.jpg


















nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山陽道を行く [町並み]

 白壁と掘割の町並み・昔ながらの家並 「倉敷」~山城・武家屋敷や商家、古い家並・神楽発祥の地「高梁」
~寺・坂道の町「尾道」~土塀と格子戸の町並み「鞆の浦」へ昔ながらの町並みを撮って来ました。

倉敷 「美観地区を散策」 Vol.1
IMG_7448.jpg

IMG_7450.jpg

倉敷川沿いに風情ある蔵造の町並み まさに「倉敷」

IMG_7462.jpg

IMG_7469.jpg

IMG_7472.jpg


中橋
IMG_7479.jpg

IMG_7482.jpg

倉敷館
IMG_7484.jpg

IMG_7493.jpg


倉敷考古館辺り

IMG_7488.jpg

IMG_7592.jpg

IMG_7798.jpg

IMG_7591.jpg

IMG_7510.jpg

IMG_7595.jpg

大原邸
IMG_7603.jpg

倉敷川周辺
IMG_7800.jpg

IMG_7791.jpg

IMG_7787.jpg

IMG_7795.jpg

IMG_7452.jpg

美観地区と言われるだけあり静かできれいな町でした。






nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。